システム構築とプログラミングの体験談

証券会社のシステム開発をしてました

証券会社のシステムで、古いアセンブラシステムから、Java主体のシステムへ移行させるプロジェクトで、要件定義、基本設計、総合テストを担当していました。

また、詳細設計や結合テストのレビュアーを行いました。

具体的には、顧客(証券会社社員)から必要な要件をヒアリングして、実際にプログラムを作る会社への橋渡し的な役目をしていました。

開発会社が作成してきた各種の資料をレビューして承認を行い、顧客にその機能説明などを行っていました。

バックシステムの管理が主な作業です

証券会社のバックシステムのうち、顧客口座の管理や金銭、証券の決済業務関連のシステムをサービスを提供していました。

フロントシステムから、証券の売買データを受け取り、バックシステムとしての管理になります。

入金されたデータから顧客勘定を管理、証券の売買に際して顧客勘定の管理、銀行口座の入出金についてのデータを管理し、証券や金銭の決済データを作成して、外部決済機関(ほふり、日銀決済、全銀協)へ提供し、各種残高の管理、外部データとの照合するシステムを作成しました。

プログラミングスキルは社内教育と自主学習で身につけました

プログラミング言語はJAVAとCOBOL扱ってました。

JAVAに関しては、実際にコーディングするのは中国の会社になり、私達はレビューを行うのみでしたので、社内の教育で対応しました。社内の教育は教育専門部署に最低限の知識と、システムのコーディング規約などを取りまとめた資料を使って講習してもらいました。

COBOLについては、長年、現場での経験がありました。当初は社内教育からスタートし、新しい言語の際は、社外の講習に通ったり、テキストを購入して自宅や会社で勉強しました。

今はプログラミングを教えてくれるプログラミングスクールとかがあるので、いい時代になりました。下記のようなサイトの管理人のように、プログラミングスクールで学んでプログラマーになる人もいるみたいですね。

参考サイト:https://pro-cheki.com/

お客に提案できて満足してもらうことがやりがい

システムの仕事は「できて当たり前」ということで、顧客に喜ばれることは少ない仕事です。

この仕事はシステムを構築するためにヒアリングする顧客と直接話す機会が少ないことが多いですが、この仕事は実際に端末を叩く顧客と直接会話して、最善の仕組みになるように提案できたことが、やりがいにつながりました。

また、顧客と直接話をすることで証券のバックシステムにおける事務の問題点などを直接聞くことができたことがとてもよかったことです。

先方の無理な要求が大変でした

システムを理解していない顧客から要件を聞き出すので、先方が無理な要求を出してきたり、仕様変更といえることが多数発生したことです。

何回も確認をとって画面を作っても、顧客が後から「そんなことは言っていない」ということを平然と言って「仕様変更ではない。システム側のミス」と言い張ってきたりしたことです。

また、外部システムと疎通テストがありますが、関係各社のスケジュールやテスト環境を調整するのはかなり大変なことでした。