自社アプリ開発で業務効率化プロジェクトを経験しました

自社のWEBアプリ開発に従事

自社製品のWEBアプリケーション開発に、システムエンジニアとして参画しました。ゼロからの開発だったため、まずは要件定義から入り、画面レイアウト、DB定義書の作成、社内向けの規約の作成、基本設計書と詳細設計書の作成、開発手順書と開発環境の準備、コーデイング、単体テスト、テスト環境の準備、結合テストまでを経験しました。設計書とコーデイングはレビューがメインで、新人の育成に力を入れました。また、製造した製品を紹介するWEBサイトを作成しました。

業務効率化のためのPC,スマホアプリの開発

PC、スマートフォンに対応したWEBアプリケーションで、企業の業務の効率化、社員同士の情報共有を目的としたグループウェアです。ログインするとスケジュール管理や、タスク管理、ショートメール、ファイル管理、設備管理、日報、電子掲示板など、多数の機能を利用できます。また、管理者画面が用意されており、社員の氏名やメールアドレスなどの個人情報や会議室などの設備情報の管理、またデータ使用量の確認をすることができます。

javaやjavascriptなどの言語マスター

使用した言語はサーバーサイドはjava、クライアントサイドはhtml,css,javascriptでした。基礎については書籍を元にした独学と、javaは資格(SJC-P)の取得をすることで身につけました。それ以上のスキルは、コーディングは現場で使用しているフレームワークや規約に依存する部分が高いので、ともに働いている優れたエンジニアのコードから学んだり、コードレビューにて指摘をもらったりして身につけました。

社内では、WEB関係のプログラミングスキルを学べるスクールを利用している人も多かったですね。中でも「WEB Camp(WEBキャンプ)」が人気があったみたいです。

開発の経験とネットワークの知識を習得

この仕事以前は、基本設計からの参画経験しかなかったので、要件定義から参画できたことがとてもいい経験になりました。コーディング規約やネーミング規約などの規約も作成することができ、改めて言語の理解を深めることができました。また、テスト環境や本番環境の構築やデプロイは初めての経験で、ネットワークについての知識を得ることができました。それまではプログラマとしてシステムのほんの一部にしか携わっていませんでしたが、このプロジェクトで初めて全体を見渡すことができ、大変勉強になりました。

テスト環境をすべて削除してしまう失敗も!

失敗談としては、結合テスト環境のマスタデータを、WHERE句の条件をつけ忘れ、誤って全て削除したことです。結合テスト中だった社員が全員、テストできない状況になってしまい、心臓が止まりそうでした。幸い削除したのはマスタデータのテーブルのみだったので、復旧は簡単でしたが、全員の作業の手を止めてしまったのでとても反省しました。仕事で大変だったことは、プロジェクトのメンバーは7人と少なかったのですが、3人が新人だったので、とくにコーディングのフェーズでの進捗管理が大変でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です